忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緊急!葬儀のについて
緊急!葬儀のについて私の妻の母方の祖父が亡くなりました。まだ、通夜や葬儀の連絡は入っておりません。妻はおじいちゃん子で私と出会うまでの2年間は寝たきりの祖父の世話を生活の主体とし介護に務めており、私との結婚を機に介護を控えていました。私も数回手伝いに行ったことがあります。妻は私が仕事中のため連絡すると言って妻だけ病院へ向かいました。私は心臓病である為、気を使って手伝いに来ないでいいとのことでした。①香典はどのくらい包めばいいでしょうか?②通夜は連絡があるまで待機したほうが良いのでしょうか?③私も至急手伝いに向かったほうが良いのでしょうか?④通夜に出る場合はどのような服装が良いでしょうか?どなたか至急教えていただけませんか?(続きを読む)

香典の金額についてお尋ねします。夫の母が亡くなりました。私の実家の実父母から...
香典の金額についてお尋ねします。夫の母が亡くなりました。私の実家の実父母から香典をお渡しする場合、金額の相場はどのくらいなのでしょうか?私たちは40代の夫婦です。夫の父母(私からは義父母)は私の実父母より一回り年齢が上です。今回義母が亡くなり、実父母が通夜・告別式に参加するのですが、その場合の香典の金額はどのくらいが相場なのでしょうか?夫の姉が数年前に義父を亡くしていたのでざっくばらんに金額を尋ねたら、義姉の義母が金額を吹聴する様な人であることと、財産の相続に当たって土地を分け与えてもらう予定があり、長男一家と金額を揃える必要があったとのことで「10万円包んだ」と聞いて驚いています。実の親が亡くなった場合なら分かりますが、私の実父母からいうと「娘の嫁ぎ先の義母」に10万円の香典は必要なのでしょうか。遠方から泊まりがけで葬儀に参列してもらう実父母に対して、私自身も少々恐縮しているのですが(実母は体調が良くない状態なので)、その上10万円包んでくれと言うに言えない気持ちです。よろしくお願いします。(続きを読む)

祝儀の渡し方など、結婚式でのマナーを教えてください。
祝儀の渡し方など、結婚式でのマナーを教えてください。御祝儀は式の出欠に関わらず、事前の吉日などの良い日柄に現金書留で送るのが正式だったと思うのですが知恵袋内では「式に欠席する場合は現金書留で郵送」「式に出る場合は受付で」がスタンダードなようです。マナーは変わってしまったのでしょうか?たとえば昔は2万は2で割れる数だからダメと言われていましたが最近は「2人」や「夫婦」ともとれるので気にしない感じですよね?あと披露宴には爪先の隠れる靴がマナーだと思っていたのですが友人の披露宴などの写真を見てると爪先の出ているミュールなど履いている子もたくさんいます。両親や祖父母に教えられたので私の常識は少々古い気がします。他にも昔と比べて変わっていることがあったら教えてください。あとお葬式や通夜での香典にピン札を入れている方が多かったのですが、お祝い事はピン札、御悔やみ事は古札、と両親・祖父母から躾られていた私にはカルチャーショックでした。私の常識は古跡でしょうか・・・(続きを読む)



香典 代 相場
葬儀の香典 相場、お通夜の香典 相場など香典 相場をわかりやすく解説 ... 香典 相場は、40代以上ならば5千円包んでおけば無難。 ... 上司の不幸の場合は、部下が相場を越えて包むのは失礼に当たる。 香典は、多すぎても少なすぎても失礼。 .....more . ...(続きを読む)

香典 代 相場
職場では、部・課・グループなどで仲間同士が出し合って区切りのよい金額にまとめて、連名で香典を包むのも合理的な方法のひとつです。香典 相場は、40代以上ならば5千円包んでおけば無難と言えるでしょう。 生前のお付き合いが親密であったということ . ...(続きを読む)

香典金額【香典の相場】
例えば、香典代を3万円借りたとして翌日には返すとします。 年利18.0%のキャッシングしたとすると。 3万円x0.18÷365日x2日=30円 ATMの約1/3の手数料で借りることができました。 微々たるものですが、なんか得した気分です。 ...(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
最新記事
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最古記事
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 桐ヶ谷 斎場について All Rights Reserved